コーディング

ContactForm7からMW WP Formに乗り換えたハナシ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ContactForm7からMW WP Formに乗り換えたハナシ

お疲れ様です、制作部の中村です。

レジ袋が有料になりましたがエコバッグを持っていき忘れ、レジ袋を購入する、環境に優しくないヤツです。


このエコバックいいな

これでコス●コとか行ってみたい(行ってみたくない)

さて最近、ContactForm7からWP MW Formに乗り換えをするという案件がございました。
どちらもWordpressで使われるお問い合わせフォームの代表的なプラグインですね!

コンタクトフォーム7に慣れ親しんでいるのでMW Formが超久しぶりだったのですが、管理画面からのカスタマイズ性はMWすごいなーってなります。
乗り換えにあたってひっかかりまくった事が多々あったので、ニッチな部分かとは思いますが備忘録として残しておきたい事を。

 

1 添付ファイルの画像サイズを制限する。

添付ファイルを付ける機能自体は比較的容易に実装出来ますが、サイズ制限をさせる方法が…!ない…!
とおもったらバリデーションルールの中にありました。

拡張子の制限等もここで行います。
バイトで入力する時に1kbを1024byteで計算するのか1000byteにしておくのか悩む所ですね…(悩む所じゃない)

 

2 チェックボックスに個数制限を付けたい

これがバリデーションルールにもなく、探しても探しても見つからず、
弊社の神に助けを求めた所見つけてくれた記事

コピペするだけであっさりバリデーションルールにチェックボックスの個数制限が付けられました。

 

 

3 郵便番号からの住所自動入力

地味にきつかったのがこれ。
住所自動入力だけなら割と簡単にできそうだったのですが、今回のお客様は都道府県の場所がセレクトボックスになっていました。
CF7の際に使っていたのがyubinbango.jsで、問題無く動作していたのですが、MWに変更すると、セレクトボックスの文字列が全て文字コードに置き換わってしまい、うまくセレクトボックスから都道府県を拾って来ない…!
最悪、都道府県の箇所をテキストボックスに変更させて頂くお願いをしないといけないかな…と思っていた矢先、見つけました。

ajaxzip3

WordPressのお問い合わせフォームで郵便番号から住所を自動で入力

↑CDNで直接読み込んでももちろん問題なく動作いたしました。

とりあえずご要望を全部満たせてよかった…安堵。

ではまた次回( ˘ω˘ )!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加