スタッフのつぶやき

暗記が苦手な人必見。青ペン暗記法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
暗記が苦手な人必見。青ペン暗記法

どうもどうも、暗記が苦手過ぎて高校をダブりかけた制作のナカムラです(幸いダブってません)。

歴史がね・・・苦手で・・・。あの、THE・暗記科目。

過去の偉人が何をしたとか覚えても絶対役に立たない、と思っていた学生生活。

過去の偉人が何をしたかは役に立たなくても「暗記をする脳みそを作る」という本質的な部分を学習しなければいけなかったのね、と気づいた時には時すでにおそし。

そして義務教育も終わり、平成も終わろうとしているこの時、ナカムラをまたも苦しめる、暗記。
とある資格を取ろうと猛勉強、猛暗記中です。

昔は興味のある事ならなんでもすぐに覚えられたのですが、今はそうもいかないようで、興味があろうとなかろうとすぐに忘れてしまいます。

脳の老化とかじゃなくて毎日考えることが色々多いせいだと言い訳しておきます。

興味のないジャンルのお話だったらもう脳みそのシャッターがらがら閉店状態です。

「今何言ったの?」ってレベルで話を聞いてない。困る。

今のお仕事が好きなことで本当に良かったと思っております。

 

そんなナカムラですがつい最近「青ペン暗記法」という暗記術を知ってしまいました。

多分「青ペン暗記法」って検索するとまとめサイト的なやつがガンガン出てくると思うので詳しくは書きませんが、やる事はとても簡単

 

「ノートにぎゅうぎゅうに」

「青の先が見えるゲルインクボールペンで」

「覚えたいことを書きまくる」

だけ。

 

ノートをきれいにとるのではなくてそれこそ講義とかだと先生の話した小話からご挨拶までぜーんぶ書く気持ちで書くそうです。

後で見返した時に「あぁ、そういえばあの時そんな話をしていた!」という記憶と共に覚えた事がよみがえるみたいです。

なるほど!なっとく。
確かに要点だけまとめているとそういうの出てこない。

時代が時代なのでついついタイピングに頼ってしまいがちですが、やっぱり暗記に関しては「書く」ことが正解のようです。

暗記だけじゃなくて覚えたいことも全部とにかく青で書くことにしました。
(青じゃないといけない理由は色んなサイトに書かれていますが青の持つ「集中力」と「沈静化」の力だそうです)

そんなこんなで早速文房具好きのナカムラは青のゲルインクボールペンを大量に購入してきました。
購入したのはゲルインクの定番中の定番「ZEBRA SARASA CLIP」0.5mm

個人的にボールペンもシャーペンも0.3mmの細さが良いのですが近場に売ってなかった!ラインナップがあるのかも謎!

 

新しい文房具!うれしい!!
(中村が無類の文房具好きな話は後日。)

そんな感じでお勉強にいそしんでいます。
試験は6月、間に合うのか!中村!
頑張れ!中村!

次回:中村の敗因
お楽しみに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加